サイトマップ会社概要お問い合わせ
埼玉産直センターについて
 

本サイトの内容および画像を、権利者の許可なく、無断で利用することは固く禁止致します。

農作物の画像は、一部イメージ画像を使用しております。

代表ご挨拶

みなさまの信頼に足る生産者の集合体でありたい。

私たち埼玉産直センターでは、ビニールシートを利用し、徹底した湿度温度管理による雑草のはえにくい基礎土壌確保、微生物農法を基本とした肥料造りハエ取りリボンを使った害虫の駆除など、みなさまの食卓の安全を守るための生産指導を加盟農業従事者に徹底して行っています。 

現在、我が国では、農業従事者の減少と高齢化が深刻な問題となっていますが、当センターの組合員数は順調に推移しているため、今後も安定した供給力の維持を目指しています。

また、トレーサビリティーを求める社会の声を重きをもって受け止め、栽培計画表や圃場検査記録等の帳票類を厳重に管理しています。これにより、いつ、どこで、だれが、どのように栽培した青果物であるかがわかります。これからも皆様に信頼される生産者の集合体でありたいと願っております。

埼玉産直センター・代表理事 順調に推移する正組合員数

事務理事ご挨拶

みなさまの信頼に足る生産者の集合体でありたい。

昔は、どこの畑作農家でも、牛や豚などの家畜が飼われていました。ところが、1961年(昭和36年)に制定された農業基本法により、第一次構造改善事業をはじめ、農業の省力化を優先した政策がとられ、より企業的な農業を行うようにと指導されました。これにより、畑作農家から家畜が消え、専業化が急速に進むとともに、安くて効率の良い化学肥料や化学合成農薬が盛んに使用されました。見た目の良い青果物が効率良くつくれたかに見えた、この農法は結果として、本来、土の中にいなくてはならない生き物も殺していまい、土本来の力をなくさせ、軟弱な耐病性のない青果物しか育たないようになりました。連作障害の始まりだったのです。私たちは、微生物農法を学び、土の生態系を整え、本来の「あるべき土の姿」を取り戻し、維持することで、健康な作物をつくる努力を日々心がけています。

埼玉産直センター・専務理事