生産者の青果物へのこだわりと、家族の笑顔を願う消費者を
信頼という「絆」で結びます。

農事組合法人 埼玉産直センター

NEWS RELEASE新着情報

  • 東都生協いちご摘み交流会!!

    東都生協いちご摘み交流会!!

    今年のいちご摘みに子供8名を含む37名の組合員が参加。摘みたてのいちごが美味しいと とても好評で、箱いっぱいに詰める方も見られました。また、いちごの栽培方法や、産直センターの取り組みについてメモをとる姿に関心の高さを感じました。復習となりますが、産直センターは微生物農法を実践し、いちご専用の原料配分で独自に肥料を作っています。美味しさにも秘訣があるのです!

  • コープさっぽろ店舗販売交流会に参加!!

    14年ぶりにコープさっぽろの店舗販売を再開。5月12日~13日にかけて、札幌、旭川、苫小牧、函館の店頭で、トマト、ミニトマト、中玉トマト、胡瓜、キャベツ、ブロッコリー、ズッキーニ、こねぎ を販売しました。札幌のルーシー店では、非常に忙しい中でも「埼玉産直センター知ってるよ」「共同購入で買ってるよ」などと嬉しい声。畑から飛び出し、消費者と対面で話すことで、より活力がみなぎります。これからも自慢の野菜を届けていきます!

  • 春の全体会議を開催!!

    春の全体会議を開催!!

    172名の生産者が参加。セットセンターは昨年8月に改修されたので、紹介も兼ねて開催しました。生活協同組合コープさっぽろでの店舗販売を再開。パックセンターも今年改修を予定。S-GAP団体評価の交付を受け、産直センターでも年1回、研究開発主動で点検を実施していきます。産直センターは野菜の安全・安心はもちろんのこと、生産者・作業場の安全・安心にも取り組んでいます。

  • 春の露地現地検討会を実施!!

    春の露地現地検討会を実施!!

    生協商務さんと産直センターの理事、部会長、職員の総勢30人以上で各圃場を見て回りました。途中にある桜の花は、例年と比べ2週間位早い開花で すでに葉桜に。野菜の成長は順調でしたが、桜同様、前進しているものが見られました。埼玉県北部地域は3月中旬から雨が降っていないので、雨次第では生育が遅れる可能性があります。今後の生育には目が離せません。

  • ベルク親子農業体験①!!

    ベルク親子農業体験①!!

    とうもろこしを播種から収穫するまでの連続企画。今回は、とうもろこしの播種の他、レタスと大根の収穫も行いました。播種したとうもろこしの圃場には自作した看板を立てて次回までの成長ぶりに期待。大根・レタスは3つずつ収穫し、「今日の夕飯は野菜三昧だけどいい?」と子供に聞くお母さんも見られました。次回はいよいよ収穫。自分で作ったとうもろこしは格別の味となることでしょう。

  • コープぐんま組合員 栽培体験①!!

    作業日和の快晴で始まったコープぐんま組合員の栽培体験。とうもろこし、枝豆、じゃがいもの栽培に当日は29名が参加。ワクワクしながら包丁で種芋を切る子供に、ハラハラしながら見守る親御さんとスタッフ。怪我もなく無事に播種することが出来ました。今回皆さんが愛情を込めたように、生産者も日々食べた人が笑顔になるよう愛情を込めて作っています。愛情を栄養にきっと美味しく育つことでしょう。

一覧を見る

PRODUCTION GOODS生産品のご紹介

  • 私たちについて

    私たち埼玉産直センターは、安くて効率の良い化学肥料や化学合成農薬よりも、微生物農法を学び、土の生態系を整え、本来の「あるべき土の姿」を取り戻し、維持することで、健康な作物をつくる努力を日々心がけています。

    詳しく見る
  • 概要と沿革

    私たち埼玉産直センターは、安心できる青果物を食卓にお届けしたい。また、農業者として、豊作に胸を張れるものでありたい。その思いの1つ1つを形とし、「誠実」という名の足跡を残して参りました。

    詳しく見る
  • 安心と安全

    私たち埼玉産直センターは、栽培計画表や圃場検査記録等の帳票類を厳重に管理し、いつ、どこで、だれが、どのように栽培した青果物であるかがわかることを心がけ、皆様に信頼される生産者の集合体でありたいと願っております。

    詳しく見る
  • 生活協同組合ユーコープ
  • 生活協同組合コープみらい
  • 東都生活協同組合