新着情報

NEWS RELEASE
  • 第71回産直会議を開催!!

    第71回産直会議を開催!!

    理事・部会長・職員と4生協の商務さん、総勢62名の参加の下、第71回産直会議が開催されました。この会議も年2回開催していますので、あしかけ、36年目となります。 作る人・食べる人・つなぐ人の三者が“より良い産直とは”について話し合える貴重な場です。その為、参加者の活発な意見が飛び交い、ついつい時間がオーバー。それでも、少々物足りなく夕食の懇談会でも時間を忘れての論議。 この素晴らしい積極さに感動。これが、埼玉産直センターです。

  • 年頭のご挨拶

    年頭のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 昨年を振り返りますと、全国的に異常気象が当たり前になり、7月の九州北部豪雨をはじめ沢山の地域で甚大なる被害が発生しました。当地方でも、秋口の長雨・二つの台風の襲来により、一転して大不作(露地野菜)となり多くのお取引様にはご迷惑をかけました。しかし、この状況下の中、何とか切り抜けることができましたのも、誠実な取り組みからの信頼があったから

  • 秋の全体会議を開催!!

    秋の全体会議を開催!!

    組合員160名の参加の下開催。今回は、8月に内装を全面的に改装したセットセンターにて開催。加工施設も徐々にではあるが改修が進んでいる。 今期も4カ月を経過。各セクションからの活発な意見や報告を受ける。まだまだこれからですが、各セクションの積極的かつ建設的な発言にセンターの明るい未来を感じました。

  • 第13回収穫祭を開催!!

    第13回収穫祭を開催!!

    当日は天気にも恵まれ、絶好の収穫日和。参加者はおよそ1,600名。野菜の状況は、10月上旬までは順調。しかし、長雨と台風21号により一部収穫できない品目も出ました。わざわざ来ていただいて十分満足のいく収獲が出来たか不安でした。しかし、皆さんの笑顔がスタッフの心配を払拭。 今回は、医療生協さんの健康チェックコーナーが新設。飲食コーナーでは、蒸しガキや焼きねぎや焼きまんじゅう等の芳ばしい匂いが鼻孔をくすぐりお祭り気分も全開。ますます充実する収穫祭。来年も開催します。会場で会いましょう。

  • 秋の露地野菜現地検討会!!

    秋の露地野菜現地検討会!!

    10/11(水)秋野菜の現地検討会を実施。大豊作を誰もが予想。しかし、10/23の台風21号の直撃を受け、事態は一変。丹精込めて育てられた野菜たちは無残にも打ちのめされました。施設の中も浸水。自然の驚異には・・・…。野菜たちも懸命に生きています。私たちはその野菜たちをサポートし、待っていてくれる消費者の皆様にこれからも届け続けます。

  • 第36回通常総会開催!!

    第36回通常総会開催!!

    深谷市民文化会館にて開催。天候にも恵まれ175名の参加の下、開会しました。 前年度の活動報告及び事業報告。その中で、異常気象の中、生育が遅れた中でも取引先の配慮を頂き、思いがけず好成績で終了しました。これも、産直事業の一環である“作る人と食べる人との連携”の賜物と感じました。活動状況では、組合員の拡大と生産量の確保に、4名の新たな仲間を迎えることが出来ました。埼玉産直センターは、これからも島本微生物農法の実践と、地域との連携、組合員の健康を重視しながら活動します。

  • 第29回研修会開催!!

    第29回研修会開催!!

    今年度の演題は、「安全、安心な農産物の提供 農業生産工程管理(GAP)について」講師には、埼玉県農林部より外島氏をお招きし、なぜGAPが必要なのかを問う研修会。会場では、S-GAPでの紹介事例があり悪い例が紹介されると“これじゃーなー”と失笑。農薬ラベルの確認不足や散布機の使用後の未洗浄。当たり前のことができないと信頼を失ってしまいます。私たち生産者が安全に作業ができる環境を作り、消費者の安全につながるS-GAP。今回の研修では、“良い農家とは何か“を痛感しました。

  • 電気の産直へ!!

    電気の産直へ!!

    コープデリ生協連合会・(農)埼玉産直センター・(株)地球くらぶとの3社の合意の上コープみらいの組合員さんに電気を供給する取り組みの調印の運びとなりました。 埼玉産直センターは、発足以来こだわりの安全安心な野菜を消費者に届ける産直運動を実践して参りました。今回新たに電気も産直事業に加わり、環境にやさしい取り組みができました。

  • 第70回産直会議開催!!

    第70回産直会議開催!!

    今回でちょうど70回目の産直会議。年2回の開催なので、35年間継続している。野菜出荷の半年間の反省と、これから半年間の動向。野菜を作る側と消費者へ届ける側とでは、多少の温度差はあります。しかし、良い物を届けたいと思う気持ちは同じ。そんな思いをぶつけ合うのが産直会議です。これまでの成果が示すように今後も続けていく素晴らしい会議

  • 農林水産大臣政務官来セン!!

    農林水産大臣政務官来セン!!

    今年は2ブロックの参加。参加者52名。「いちごの出荷も今日で終了、後は片付けます」と伝えると「こんなに実っているのにもったいない」と箱いっぱいに摘んでいました。また、野菜ソムリエの方は、「産地で収穫したての苺の味は濃くて味わい深く、とっても美味しいですね」とお褒めの言葉。その後肥料センター・選果センターの見学でも熱心に説明を受けられて情熱の高さを感じました。私たちは、組合員さんの熱い思いに今後も応え続けます。

  • ベルク親子農業体験!!

    ベルク親子農業体験!!

    生憎の雨。予定していたモロヘイヤは残念ながら収穫中止。しかし、トウモロコシとミニトマトの収穫はOK。4月8日に蒔いたトウモロコシの種は見事に成長。もちろん、お約束の生での試食。甘くてやっぱり最高だネ!! これは産地へ直接来てみないと体験できません。ミニトマトの収穫では、暑くなくもってこいの収穫日和。気温40℃以上が体験できず“ちょっと残念”かも? そしてお待ちかねの昼食交流会。産直センターのスタッフも加わって、バーベキュー&そうめん。少々の労働とたっぷりの収穫。そして、お腹いっぱい食べると、みんな自然と笑顔がこぼれます。こんな素晴らしい笑顔を何度でも見たいです。

  • コープみらい西南 収穫体験!!

    コープみらい西南 収穫体験!!

    午前にトウモロコシの収穫。トウモロコシはお約束の現地で生の試食。これはほぼ定番となりました。昼食はさんで午後からミニトマトの収穫。3年前は大雪でハウスをつぶされ、気持ちが落ち込み、明日への希望を失いかけました。しかし、生協組合員さんからの力強い支援で心を強く持つことが出来ました。“自分ひとりじゃない。皆が期待してくれている。”この気持が現在を支えている。私たちはそんな待っていてくれる人の期待にこれからも応え続けて行きます。

  • コープネットより農研ネギのネギ坊主取りに来る!!

    見事なソフトボール大のネギ坊主。今回、生協から理事・部長・バイヤーの方。みかど協和からネギのブリーダー。産直センターから、理事・生産者。また、埼玉新聞の記者の方も参加。みんなの期待度が違うネ。今年の農研ネギは近年にない物が出来そう。きっと素晴らしくおいしいネギが生まれそう。今から冬が楽しみ!!

  • 東都生協いちご摘み交流会!!

    東都生協いちご摘み交流会!!

    今年は2ブロックの参加。参加者52名。「いちごの出荷も今日で終了、後は片付けます」と伝えると「こんなに実っているのにもったいない」と箱いっぱいに摘んでいました。また、野菜ソムリエの方は、「産地で収穫したての苺の味は濃くて味わい深く、とっても美味しいですね」とお褒めの言葉。その後肥料センター・選果センターの見学でも熱心に説明を受けられて情熱の高さを感じました。私たちは、組合員さんの熱い思いに今後も応え続けます。

  • コープみらいのブロック員さん産地交流会に来る!!

    今回、初めてコープみらいのブロック委員になられた皆さん、埼玉産直センターへようこそ。気心が知れた組合員さんから新しい組合員さんへと入れ替わったNew交流会。こちらも気が引き締まります。一緒に昼食を摂ると、そこは産直への拘りという共通の目的を持った仲間、すぐに和み、会話が弾むまでに余り時間はかかりません。私たちは、農業を守り、皆さんの健康をサポートしていきたいです!!

  • コープみらい収穫体験&見学に来訪!!

    今回東北ブロックの組合員さんが、トマトと小松菜の収穫と、肥料センターと大玉トマトの選果センターを見学。収穫して良いトマトは?小松菜の収穫の仕方は?実際に農作業に携わると意外に難しい。でも、これが大事。産地に行ってみないと経験できないから。「百聞は一見に如かず」です。そして、昼食は産直センタースタッフとの交流会。人は人と話すことが大事。まずはそこから!!

  • 春の全体会議を開催!!

    春の全体会議を開催!!

    生産者・職員計175名の参加の下開催。まだ少し桜の花が咲いている。不安定の天候が続いている。野菜の動向もなかなか読めず厳しい。また、今年から胡瓜の選果を始める予定。さらに、埼玉県GAPについても取組み方向で考えています。今後も、英知を出しあいながら新たな展開を考えて参ります。

  • 春の露地現地検討会を実施!!

    春の露地現地検討会を実施!!

    産直センターの理事・職員と3生協の職員の計22人で実施。当日は、風が強く春の嵐の様な1日。そんな中でも野菜の現状を詳細に聞き取り。今後の動向を踏まえこれからの出荷を見極めます。これからも地道に頑張ります。

  • ベルク親子農業体験!!

    ベルク親子農業体験!!

    今回、レタスと大根の収穫とトウモロコシの種まきです。桜が咲き誇る中での種まき、ちょっと楽しい。今年も抜いたばかりの大根の皮を剥いて食べました。子供たちが「甘い、まるで梨を食べているみたい」と歓声。この言葉に「そうでしょう」と思わずガッツポーズ。この嬉しい言葉や笑顔の積み重ねが、私たちの明日への糧。これからも、そんな笑顔を生み出す野菜を作り続けま~す。

  • 第8回三役と青年部との意見交換会

    今回で8回目となる意見交換会。参加者全員から積極的かつ建設的な貴重な意見。その中から、昨年提案され実現したもの。1.農業簿記の勉強会 2.フォークリフトの安全運用 3.パックセンター北側の段差改善。今回も、職員研修や生産者の営農について、農薬の勉強会や事務所2F和室のエアコンの改修等。自分たちや埼玉産直センターを良くするため、様々な意見を提案。きっと産直の未来は明るい。