新着情報

NEWS RELEASE
  • 第76回産直会議を開催!!

    第76回産直会議を開催!!

    今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、理事・職員と2生協の商務さんのみの参加とし、3生協がリモート参加という体制での開催となりました。例年なら、部会長さんと各生協商務さんが顔を合わせて意見を交わす貴重な場となるはずがそれが出来ない歯がゆさもあれば、遠方の生協さんとはリモートによって久しぶりにお話が出来るなど、オンラインの強みを知れる日にもなりました。

  • 春の全体会議中止

    春の全体会議中止

    全国に急速に拡大した新型コロナウイルスの影響で産直センターでも各種交流会をはじめ、部会総会・会議等の中止もしくは延期の要請を、先般行われた理事会にて決定しました。よって毎年春(4月)に行います全体会議も、組合員皆様の健康と諸般の情勢を考慮し、産直センターの機関紙での書面報告とさせていただきました。私達が

  • 春の露地現地検討会を実施!!

    春の露地現地検討会を実施!!

    今回は新型コロナウイルスの影響により、本来であれば3生協が参加のところ、1生協のみとなる等、人数・圃場を限定して行われました。果菜類は低温が影響して収量が低迷していますが、露地野菜は概ね順調で天気次第ではありますが、相当の出荷が見込める模様。いつまでウイルスの脅威が続くか分かりませんが、今後も生産者一人一人が健康に注意し、農産物の安定供給を目指していきます。

  • 島本微生物農法の研修に参加!!

    島本微生物農法の研修に参加!!

    1月29日から3日間、今回も若手生産者6名が第193回島本微生物農法の研修に参加してきました。土壌の基礎知識や土壌改良の理論・手法、農場での実演講習等、新しい発見の連続の内容に「思った以上に楽しかった」という声も。微生物農法は産直センターの根幹ですので、参加された方には更なる研鑽を重ねていってもらえればと思います。

  • 東都生協組合員「見て!触って!味わう!トマト交流」①

    東都生協の組合員家族が元気よく来センし、挨拶を簡単に済ませた後、早速生産者のハウスへ向かい作業スタート!今回は下葉取りを中心に芽かき等の管理作業を体験してもらいました。もちろん初めての作業なので最初は悪戦苦闘。ただ、徐々に慣れてくると皆さん楽しそうに行っていました。その後、センターに戻ってからはあま~い焼きねぎを堪能し、最後に昼食交流会で生産者とトマトや野菜の育て方を聞いたりと充実した時間を過ごせたのではないかと思います。

  • コープみらい プラザ浦和「農研ねぎ学習交流会」に参加!!

    プラザ浦和にて開催された「農研ねぎ学習交流会」。初めに農研ねぎの発祥と種取りについて詳しく学習。頭を使った後は、グラタン・マリネ・焼きねぎの3品を、青い部分まで残さず使って調理。「こんなにねぎをたくさん使って食べることはとても贅沢!」と言ってくださる方もいて、皆さんに大満足していただきました。今後もこうした学習会を通じて、産直センターの野菜をもっともっとアピールしていきます

  • 東都生協「野菜ができるまでを学ぼう!」④

    最終回となった今回は収穫がメイン。大人のこぶし程あるかぶ、バレーボールより一回り小さいスパイラルにややスマートなネギなどがお出迎え。始まると大人も子供も夢中になって収穫する様子が見られ、普段は中々出来ない体験を満喫していました。その後の昼食は、親子で協力して作った煮ぼうとうを囲んでセンタースタッフと楽しく交流。「機会があったらぜひ次回も参加したい!」と嬉しい言葉もいただき、改めて交流の素晴らしさを実感。皆さんとまた会えるのを楽しみにしています

  • 第75回産直会議を開催!!

    第75回産直会議を開催!!

    第75回産直会議が、理事・部会長・職員と3生協の商務さん参加の下、開催されました。前半は秋冬野菜の反省、後半は春夏野菜の今後の動向を踏まえた分散会。作る側と届ける側双方の思いを伝えることが出来る貴重な場として、また各生協と堅固なパートナーシップを確立していく場として、今後も年2回のペースで継続して行ってまいります。

  • 年頭のご挨拶

    年頭のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 昨年を振り返りますと、平成から令和に変わり、穏やかな一年を願いましたが、台風15号・19号・21号と立て続けに上陸し、全国的に大きな爪痕を残すなど自然災害が多発した年でありました。当地方でも、19号の時には近隣の河川が上昇し、多くの組合員・職員が避難しました。幸い人的被害はありませんでしたが、露地野菜を中心に作付面積の4割以上被害を受けた品目もありました。しかし各取引様の多大なるご理解とご協力により乗り越えることが出来ました。これも長年の信頼関係があったからこそだと思います。 産直センターでは、セットセンターにフルサイズの選果ラインを新たに造りました。これにより、一層生産者へのサポート体制が充実しました。今後は、今まで培ってきた経験を活かし、原点である消費者との交流を一層深めて、有意義な一年となるよう頑張っていきましょう。 埼玉産直センター代表理事 山口 一郎 令和2年1月1日

  • 秋の全体会議を開催!!

    秋の全体会議を開催!!

    生産者173名の参加の下開催。11月より、セットセンターにマルチ選果機の設置工事を開始。また、農作業支援プロジェクトを立ち上げました。今後も、各セクションで協力して生産者へのサポートをより充実させていき、より安心で、より良い物を皆様の食卓に届けられるように取り組んでまいります。

  • 第15回収穫祭を開催!!

    第15回収穫祭を開催!!

    汗ばむ陽気の中、延べ1,500人が訪れて開催された第15回収穫祭。10月の台風と長雨の影響で若干小振りとなった品目もありましたが、概ね良好。大人も子供も楽しく、スタッフと交流しながら袋いっぱいに収穫する様子が見られました。今回も大人気のみかん詰め放題をはじめ、赤飯・焼きそば・とん汁・熱々焼きねぎ・焼きまんじゅう・蒸し牡蠣に牡蠣飯と充実した飲食コーナーは、どれも大行列でスタッフも大忙し!それでも、来ていただいた皆さんの楽しそうな様子を見て、とても充実感に満ち溢れた1日になりました。まだ足を運んだことのない方はぜひ1度、遊びに来てみてくださいネ!

  • 秋の露地現地検討会を実施!!

    秋の露地現地検討会を実施!!

    10/10(木)に総勢35人で各圃場を視察。概ね順調に生育していて、各生協商務さんもホッとしていた様子だったのも束の間、10/12(土)に台風19号が襲来し、状況は一変。強風による風害や、圃場の一部が冠水してしまう事態に自然の脅威を感じました。それでも、野菜たちは懸命に頑張っています。これからも、私たちは野菜たちを全力でサポートして、待っていてくれる消費者の皆様に届け続けていきます。

  • 第38回通常総会開催!!

    第38回通常総会開催!!

    深谷市民文化会館にて176名出席の下、開催されました。活動状況として、組合員の拡大と生産量の確保に、新たに4名の仲間を迎えることができました。また、生産者のサポート事業として、農作業サポートサークルを立ち上げました。異常気象等による生産環境の厳しさ、10月より始まる消費税の複数税率の導入等、不安材料はたくさんありますが、長年の信頼関係を大切にしながら皆様と共に頑張っていきたいと思います。今年度も産直の原点である交流を大切にし、末永く続く組織作りを進めてまいります。

  • 第31回研修会開催!!

    第31回研修会開催!!

    今回は、千葉県の産直産地である房総食料センターより講師をお招きし、多岐にわたる取り組みについてご講演していただきました。5~10年先を見据えた若手生産者の育成を中心とした取り組みや、新規就農希望者向けプロジェクト等、非常に興味深い内容でした。また同じ産直組織として、抱えている悩みはとても身近なもので、共感・納得、さらに多くの刺激を受ける

  • 第74回産直会議開催!!

    第74回産直会議開催!!

    第74回産直会議が、商務さん8名、センター役職員、部会長 総勢68名参加の下、行われました。第1回が開かれて以降、毎年2回途切れることなく続き、間もなく40年を迎えようとしています。半年間の反省と、これから半年間の思いをお互いに言う事のできる貴重な

  • コープみらい北部ブロック 農研ねぎ・農業体験!!①

    農研ねぎのねぎ坊主取りの為来セン!!ソフトボール大の大きさに育ったねぎ坊主を見てびっくり!また、ハウス内にたくさんねぎ坊主があ…

  • コープみらい東北ブロック いちご摘み交流会!!

    組合員31名が参加して行われたいちご摘み交流会。当日はあいにくの雨天。しかし、暑くなく、逆に絶好の体験日和。始まると、あちらこちらから「ほら、こんなおっきいのがあった!」、「うま~い!」、「小粒も真ん丸でおいしいね~!」。組合員の生の声がダイレクトに聞ける貴重な機会。今後も積極的に交流を行ってまいります。

  • 東都生協 いちご摘み交流会!!

    東都生協 いちご摘み交流会!!

    今年もいちご摘み交流会に、41名の組合員が参加。摘みたてのいちごを口に運ぶと、「あまーい」と皆さんに言っていただき、産直センターのいちごファンをまた増やせたかな!?と思います。また皆さんの笑顔が見られるよう、今後も美味しいいちご作りに励みます。

  • コープさっぽろ店舗販売に参加!!

    昨年に引き続き、北の大地北海道へ10名の理事・生産者が、産直センターの野菜をアピールしてきました。販売で感じたことは、〝いい野菜は売れる〟という事。今後も、美味しい野菜を届けられるように生産者同士で知恵を出し合い、より良い産地を形成してまいります。

  • 春の全体会議を開催!!

    春の全体会議を開催!!

    セットセンターにて158名の生産者が参加の下開催。桜が咲いた後に雪が降ったりとおかしな天候が続いています。現在、農作業支援プロジェクトを立ち上げました。生産者の労働力不足の解消の一翼を担えるよう積極的に進めて参ります。

  • 生活協同組合ユーコープ
  • 生活協同組合コープみらい
  • 東都生活協同組合